太陽光発電事業

太陽光発電




太陽光発電

太陽光発電は事業用として、新たなビジネスチャンスと注目を浴びています。、3.11以降の原子力発電に対する国民の意識もあってか、

2012年7月より再生可能エネルギーの固定価格買取制度が施行され、今後の事業発展に繋がると大変期待されているのです。
各メーカーが参入し太陽光発電がより身近なものとなりつつあります。

太陽光発電と環境問題

 

近年地球温暖化対策として各国で太陽光発電による発電が着目されています。日本は世界と比較しても太陽光発電システムの開発は進んでいます。

 

太陽光パネルの使用を長期に見据えて、国そしてメーカーが一丸となり政策に取り組んでいますが、機械の設置や申請等にお金と手間がかかるのは事実です。そんな中、環境問題を考え、今できることから進めていくことが有意義であると思われます。

 

太陽光発電事業をはじめる企業の増加

 

2012年後半には、大手企業がこぞって発電事業へ名乗りを上げ展開計画を公の場で発表しました。

 

石油販売業、製造業、小売販売業、建築業など、さまざまな業界の参入が新聞各紙で伝えられています。

 

今後もさまざまな企業が事業用として参入することは間違いありません。現段階でも、発電に適した場所探しから土地の確保が始まっています。

 

 

買取価格はその都度見直しがされることとなっていますが、Kwあたり42円(消費税込み)と高額買取の今の時期に事業参入を急ぐ企業が多いのは言うまでもありません。行政が今後どのような方向ににうごくのかによってもその参入規模は大きく左右されることが考えられます。

 

 

現在、太陽光パネルの各メーカーでは、設計や施行、メンテナンスを始め、保険や補助金、助成金の手続き指導まで行っているところも少なくありません。太陽光発電は今後も事業用、家庭用共に、日本の発電量の割合を増やしていくものと思われます。

 

 

 

太陽光発電